• 太陽光発電や蓄電池について
    お気軽にお問い合わせください。
  • 太陽光発電や蓄電池についてお気軽にお問い合わせください。
  • 無料ご相談・見積

太陽光発電システムとはどんなものですか?

太陽光パネル

太陽電池は、光から電力(=電気的なエネルギー)を発生します。
光は、エネルギーを持っています。真夏の正午の太陽光は、1平方メートルあたり約1kWものエネルギーを持っています。例えば、太陽の光に当たったアスファルトの道路が熱くなりますね。これは太陽光のエネルギーがアスファルトに吸収され、熱に変わっているのです。熱になったエネルギーは周囲の物や空気に伝わって、散逸していきます(図1)。

図1:通常は太陽光のエネルギーが熱に変わる

太陽電池の場合は、太陽の光のエネルギーを吸収して、電気的なエネルギー(電力)に変えます。せっかくのエネルギーが熱に変わってしまう前に、電力として有効活用するのです(図2)。

図2:太陽電池は太陽光エネルギーを電力に変える

この仕掛けには、私たちの身の回りの電子機器にたくさん使われている、「半導体」を利用しています。光から電力への変換は直接的かつ瞬間的に行われます。このため、光が当たっている時しか発電しません(一般的な「電池」(乾電池など)のように、蓄電する機能はありません)。でもその代わり、蒸気や化学反応や回転運動を使う必要がありません。燃料を使わず、排気ガスや燃えカスも出しません。

一言で表すならば、太陽電池とは、
「半導体を利用して、光のエネルギーを直接的に電力に変えるもの」
と言えます。

主な取り扱いメーカー